悪性高熱症友の会の活動


1.電話,FAX,メールによる相談

  たとえば)子供が悪性高熱症と診断されているが歯科治療は心配ないのか?

  小学生の子供の担任の先生に悪性高熱症のことを言っておいたほうがよいか?

  いつも通っている病院の先生に悪性高熱症だと分かったら治療方法が急に消極的になったなど

 

2. 会員限定24時間ホットライン(緊急時の医療情報の提供) 

  会員の方限定で24時間、専門医師が緊急時の医療情報の提供、救急処置、担当病院との連絡等をいたします。連絡先は入会時会員の方にのみお知らせしております。

 

3.会報誌の発行

  悪性高熱症研究の最前線、歴史、事故防止策等をはじめ会員の方々から寄せられた疑問、質問等を載せています。

 

4.会員証、ペンダントヘッドの配付

 

5.医学情報の普及

 現在残念なことに悪性高熱症患者だからといって手術や麻酔を拒否されることが稀ではありません。そのようなことが少しでも減るよう社会的にもまた麻酔科学会等にも働きかけていき悪性高熱症の正しい知識を普及させていきます。

 

6.研究会、セミナー、相談会の開催

  会員の方を中心とした勉強会的なものを開催していきたいと思います。