ごあいさつ

                     悪性高熱症友の会代表 菊地博達

 悪性高熱症友の会の会員数も200名ちかくなり益々盛会となってきました。会員の中から会の活動に参加し、お手伝いしていただける会員も出てきて、本来の会になっていくのではないかと期待しております。コロンブスはアメリカを発見しました。でも、アメリカには先住民族が生活をしていました。西洋人にとっての発見であるに過ぎません。悪性高熱症は1960年オーストラリアのデンボローにより医学界に登場しました。彼が発見したことになります。彼の発見以前にも悪性高熱症はありましたが、誰も認識しなかったわけです。デンボロー先生はいわばコロンブスに相当するわけです。
 さてアメリカはコロンブス以前にも存在していましたが、悪性高熱症はどうでしょうか?1846年アメリカのモートンがエーテルによる麻酔法を見いだしました。直後から非常な勢いでエーテル麻酔は世界に広まりました。しかし、それまで存在しなかった病気がこの世に登場しました。それが悪性高熱症です。もちろん悪性高熱症の素因を持った人はそれまでにもいましたが、何の異常もなく一生を過ごしていました。人類が痛みのない状態で手術を受けられるような方法、つまり近代医学の発展で獲得した麻酔法の出現で今までになかった病気が新たに出現したわけです。
 将来、悪性高熱症を引き起こさない麻酔薬のみで麻酔を受けられる時代が来れば、悪性高熱症はこの世から消滅してしまいます。もちろん悪性高熱症の素因を持っている人も1846年以前のように、なんら心配することなく一生を過ごすことが出来ます。その将来までに悪性高熱症による犠牲者を出さないようにしなければならないのです。素因をお持ちの方はご自分が素因者であることをよく理解すること、医療従事者はその方々に対して安全に医療を提供することです。たとえこれが非常事態であっても安全に手術が受けれるようにしなければなりません。これが悪性高熱症友の会の発足の意義です。
 

 一般に患者の会は医療従事者が設立・運営するべきではなく、基本的に患者による、患者のための、患者の会であるべきです。ただし悪性高熱症の患者さんあるいは悪性高熱症の素因を持っている方の非常に少ないために、患者さんが中心となって設立・維持するのは困難であるため我々が中心となって設立しました。、患者の会のあり方を考えますとあまり好ましくない状態です。そこで御相談・入会窓口をNPO法人-ささえあい医療人権センターCOML(コムル) にお願いしました。COML(コムル)は1990年より『賢い患者になりましょう。私たち一人ひとりが「いのちの主人公」「からだの責任者」』の標語の下に、医療に関係した事項の電話相談を行っています。COML(コムル)の理事長の山口育子さんには、本会の主旨に賛同していただき相談窓口をお引き受け頂きましたことを改めて感謝いたします。

直接、悪性高熱症に付いて相談されたい方は埼玉医科大学病院麻酔科までご連絡下さい。