どんな時に病気が出現するのでしょうか?


1 カルシウムそのもの:脱分極性筋弛緩薬は骨格筋を脱分極し、細胞内のカルシウム濃度をあげます。この薬物は全身麻酔時などで用いられますので、悪性高熱症感受性のある患者さんは避けるべき薬品です。なお、非脱分極性筋弛緩薬を使用すれば、安全に麻酔を受けられます。

2 カフェイン:コーヒー、紅茶、お茶、コーラなどに含まれていますが、どんなに飲んでも悪性高熱症を引き起こす程の濃度にはなりません。安心して飲んで下さい。カフェインの誘導体(類似薬物)は喘息などの治療に使用されています。服用する場合、注意が必要かもしれません。

3 揮発性吸入麻酔薬:悪性高熱症感受性のある患者さんは避けるべき薬品です。なお、麻薬類を用いた全身麻酔は安全な麻酔法です。揮発性吸入麻酔薬はカルシウムの出やすさに一層拍車をかけてしまいます。細胞内のカルシウムの濃度が高くなると、このチャンネルは一層広がってしまい、さらに細胞内へカルシウムを放出してしまいます(=positive feedback)。細胞内のカルシウム濃度が高いと筋肉は持続的な収縮状態になります。

4 高体温:過度の運動(もはや汗をかかなく程、俗にいうシゴキ)では体温は上昇し、汗による体温低下作用はなくなっています。従って、このような過度の運動は避けることが賢明でしょう。水泳などは周りが水ですので、体温を奪ってくれるため、安全と言われています。