どこが異常?


 現在までの所、悪性高熱症の原因はリアノジン結合チャンネル(カルシウム放出チャンネル、Ca release Channel)の異常であるとの意見が体勢を占めています。このリアノジン結合チャンネルは筋小胞体(SR)からのカルシウム放出に関係するチャンネルが問題であり、通常の人と比較してSRからカルシウムが非常に出やすい(=放出速度が亢進)と考えられています。悪性高熱症のための検査はこの事をみています。

 遺伝学的にも近年このチャンネルの異常が見付かっており、今後筋肉による検査をしなくても、血液中のリンパ球にある遺伝子(DNA)解析で検査が可能になると期待されています。まだ、十分な検査ができていません。皆様の協力が必要です。

 なお、外にも色々説がありますが、専門書を見て頂くか、あるいはお問い合わせください。