アシドーシス補正


 まず、3〜4 mEq /L補正し、ガス分析に従って漸次補正する。

 3 mEq /Lの補正:7%炭酸水素ナトリウム溶液(重炭酸ソーダ)を使用した場合、約体重(kg)mlを静脈内投与。