人手の確保と外科医へ告知


 外科医に悪性高熱症発症を伝え、手術の早期終了を勧告する。来るべきDICに対して、止血に留意する。

 麻酔が必要であれば全静脈麻酔(TIVA)に変更する。筋弛緩薬はパンクロニウム(ミオブロック)・ベクロニウム(マスキュラックス)ロクロニウム(エスラックス)などの非脱分極性筋弛緩薬を使用する。