高K血症治療


 50%ブドウ糖 50 ml(あるいは20%ブドウ糖 100 ml)に50単位のレギュラー・インスリンを原則として中心静脈より投与。経過によりむしろ低K血症となっていることがあり、ECG上のテント状T波に注意する。

 注意:血中カテコールアミン濃度が高いため、インスリンが効きにくい。

 近年、グルコースインスリン療法よりはメイロンを用いる傾向がある。(高血糖により脳障害を引き起こす可能性が示唆されている。)